Theme: 炉心溶融まとめ

「原発ニュースの説明が、ぶっちゃけ詳しすぎて分からないよ!」
という人のために、福島原発のあれこれについて極簡単にまとめます。
(簡単過ぎて正確さは失われます。ご承知の上でご覧下さい)←ここはごめんなさい


■炉心溶融からの,その2・・・今何してるの?■



「圧力容器を壊さないように空気を抜きつつ、安全な状態にするために冷やしてる」←今ココ(12日~14日)




-----------ちょっとだけ詳しく--------------




原子炉という入れ物の真ん中には、「核燃料棒」っていう燃料が入ってます。

核燃料棒は、原子炉を止めた直後はむちゃくちゃ熱い!!

(熱いままにしておくと原子炉を溶かして壊しちゃう程です)



原子炉壊れたら困るんで、水を使って冷やします。

本来は、水をぐるぐる循環させて冷やしていきます。



が、ありえないくらいの地震や高波の影響で、ぐるぐるする装置が故障しちゃったんですね。





でもほっとけないし、水を直接ダクダク注いで冷やす事にしました。 ←冷やしてる

原子炉でかくて水が足りないもんから、途中から海水をダクダク注いで冷やす事にしました。 ←よくニュースで言ってる海水の投入




でも、核燃料棒が熱すぎるもんで、

水を注ぐだけだとポッポポッポ沸騰しちゃうんですね。




風船にドコまでも空気を入れると破裂しちゃうように、

原子炉も沸騰する事で、水蒸気がどんどん発生させたままにしておくと、原子炉が割れちゃいます。



こうなるのが最悪の事態で、大量の放射能が漏れる事になる。

→参考:■炉心溶融からの,その1・・・どうなったらダメなの?■




だから、風船の口を少しあけて空気を逃がすがごとく、

原子炉の排気ダクト(フィルター付き)から水蒸気を逃がして、

圧力容器を壊さないようにしているんです。 ←空気抜いてる(*1)








分かりやすいなぁ・・・

てか、なんとなく分かったぞ!と思った人は、拡散して理解の輪を広げるのをお手伝い下さい。

(*正確な情報は東京電力HP などから得てください)






*1 理科が苦手な人でも分かりやすいように、水蒸気じゃなく空気という表現を使っちゃいました。ごめんなさい。








→■□炉心溶融の簡単すぎるまとめ□■へ戻る ←炉心溶融に関するリンクは是非こちらの記事にお願いします






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット